コロナ肺炎が大流行して、大学の9月入学の機運が一気に高まったことがあった。

以前、東大が試みて実現しなかったそうだが、コロナの影響でいよいよ実現するのかと思っていた。しかし、拙速な導入に反対する声も出てきて持ち越しとなった。

学校の実務を知らない私はマスコミの報道を見て、とうとう日本の大学も国際化か、などと思っていたが、そんな単純な話ではなかった。

幼稚園・保育園から大学まで、4月から3月のサイクルで日本全体が動いているから、確かに大学だけが9月入学というわけにはいかなくなる。

今回の投稿では幼児教育への影響について書かれており、幼児にとって半年という時間は大きな発達の差となって表れるため、そのまま移行すると小学校に入学してから学力の差が広がる可能性があるらしい。日本の教育は世界でもトップクラスであり、小学校の入学をわざわざ半年早めるメリットはないとも書かれている。

余談であるが、私の子供は0歳児から保育園で育った。世間では幼稚園より保育園を低く見る人が多いようだが、保育園の子供は1日中集団で生活し寝食を共にする(「寝」はお昼寝)ことで脳が刺激されるせいか、識字率や九九などが進んでいると思っている。何より人間関係を経験しており、成長してからの影響が大きいのではないかと思っている。

報道を見ていると日本の子供は頭が悪くなっているのかと勘違いしていたが、今の子供は私が子供の頃よりよっぽど頭がいいようで大いに反省だ。

教育は国の根幹をなす重要な事業だと思っているので、5年以上かけてでも是非熟慮を重ねて良い教育を行っていただきたいと思った。